Paper Items - 企業名刺などの作成について

企業名刺を作成

・企業で名刺を作成する意味
新しく企業を立ち上げる際にはいろいろな準備を進めていきますが、その中で名刺を作成することも含まれていると思います。
名刺は企業にとってとても重要な意味を持つアイテムであり、そこで働く社員ひとりひとりが必ず持っているものですから、できるだけこだわって作りたいと考えているところがほとんどではないでしょうか?

企業名刺は基本的に取引先や顧客に対して渡すことが多く、そこで社員が自分の名前を覚えてもらったり、どんなことをやっている企業なのか伝えたりするときに役立ちますから企業と社員の両方を売り込むことができます。
取引先や顧客にはまず自分が何者なのか伝える必要がありますし、その企業がどんなことをやっているのか把握してもらわなければなりませんので、名刺を渡すことによって相手に情報を伝えることで安心感も与えられます。
企業名刺を作成する意味とはまさにそこで、企業そのものの情報と社員の情報の両方を一度に伝えられることにあります。
ですから日本の企業ではほとんどのところで名刺を作成していますし、取引先や顧客とファーストコンタクトを取るときにはまず名刺を渡すところからスタートし、そこからお互いの話し合いがはじまるというのが一般的です。

▼ 目次

もし名刺がなかったら

もし名刺がなければ自分たちの働いている企業に関する情報や自分自身のことも一から口で説明していかなければなりませんし、それだとただ時間がかかるだけでなく信頼性という面でも頼りなくなってしまいます。
名刺を作成することは企業にとってやらなければならないことであり、よりビジネスをやりやすくするためのアイテムなのです。
現在名刺作成ツールも増えていますし、比較的簡単でおしゃれなデザインのものも作りやすくなっていますから、気になる人はまずどのようにして作るのか調べてみるといいかもしれません。

企業名刺を作成するときのポイント

それでは実際に企業名刺を作成するときにはどのような点に気を付ければいいのでしょうか?
これはまず名刺の果たす役割から考えてみると分かりやすく、名刺は相手にこちらの情報を伝えること、しかも分かりやすく伝えることがメインになりますので、名刺を渡したときにすんなりとこちらの伝えたい情報が伝わることがポイントになります。
どれだけ情報量を多く詰め込んでも、読みにくいものだと意味がありませんので、渡される相手の立場に立ってどんな名刺であれば伝わりやすいのか意識して作成する必要があるでしょう。

レイアウト

具体的に言えばまず企業の名刺デザインは自分の名前と企業名がしっかり伝わらなければいけませんので、そこをうまくピックアップできるようなレイアウトにする必要があります。
よくあるテクニックとして余白をうまく開ける方法があげられますが、余白を開けることによって文字を際立たせる効果が生まれますし、重要な部分は太字にしたりしてより分かりやすく伝えることを意識してみてください。

またレイアウトを決めるときには自分の名前や企業名だけでなく、電話番号やメールアドレス、ホームページのURLなどを記載することも少なくありませんので、そういった情報を記載できるだけの余裕も必要になります。
どれだけ余白が重要だと言っても、余白があり過ぎると文字間隔が狭くなってしまいますし、文字そのものの大きさも制限されてしまいますのでかえって読みづらくなる可能性もあります。
ですからレイアウトを決めるときには先ほど述べたことに加えて文字の大きさが適切かどうかも重要になりますので覚えておきましょう。

名刺はあまり凝りすぎなくてもいい

そして名刺は社員自身を売り込むためのものですから、できるだけインパクトを残したいという人も多いと思いますが、名刺はあくまでも相手に情報を伝えるためのツールなのでデザインに凝り過ぎる必要がありません。
デザインはたしかに重要な部分ではありますが、そこだけに捉われてしまうとかえって読みづらい名刺になってしまう可能性も考えられますし、そこよりもあくまで社員の名前をしっかり際立たせることを意識してください。

また、デザインによっては取引先や顧客に対してかえってマイナスイメージを与える結果になるかもしれませんので、スタイリッシュなものにしたいのであればその辺りも覚悟しておかなければなりません。
奇抜な名刺を渡される側にたってみると、好みも当然分かれるでしょうし、業種によってはそれがあまり良い方向へ働かないこともありますので、これからはじめる事業がどんな内容なのかも重要になります。

他社の名刺をチェックしよう

いずれにしても企業名刺を作成するときには自分たちだけで考えるのではなく、他社がどんな名刺を作成しているのか積極的に情報収集することが必要になりますし、他社の名刺をチェックすることによって読みやすい名刺と読みにくい名刺がそれぞれどんな特徴をもっているのか把握することができます。
この点が分かっているだけでもいい名刺作りができるのではないでしょうか?